URYU POWER TOOLS GENERAL CATALOG
9/76

7POWER TOOLS GENERAL CATALOGBOLT & NUT SETTERS新開発オートリリーフ(PAT.P)によりオイル劣化に影響されず、右肩上がりの飽和曲線で締付けを行います。圧力調節弁体に設けられた切欠きにより重心をオフセットし、パルスの回転運動と打撃時の慣性力によってオートリリーフが作動します。圧力調節弁体の切欠きがオイルのバイパスとなり、非打撃時は回転(公転)による遠心力によりバイパスは全開になりますが打撃時は慣性で圧力調節弁体が回転(自転)しバイパス部を遮断します。この構造により、ボルト着座時の飛跳ねが無く、美しい締付波形になります。新開発 オートリリーフ(PAT.P)の特徴新開発 小型トルク・角度センサの特徴美しい波形が証明するハイクオリティの締付け精度。円筒中心重心1 開始2 パルス直前3 パルス時5 パルス後4 パルス直後切欠きにより重心を円筒の中心からオフセットしています。[自転][公転]圧力調節弁体断面締付波形新型トルク・角度センサはバッテリ工具を意識し、従来より小型・省電力化された新機構を採用しています。トルク計測は非接触型歪ゲージ式を、角度計測には超薄型エンコーダを採用し、小型でありながら耐振性やノイズ特性に優れ、高い信頼性を有しています。非接触型歪ゲージ式非接触トルク基板超薄型エンコーダ

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る