URYU POWER TOOLS GENERAL CATALOG
54/76

下記は最小限必要な注意事項です。詳細に関しては労働安全衛生構造規格の定めに従ってご使用ください。労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)労働安全規則(昭和47年労働省令第32号)研削盤等構造規則(昭和46年3月8日労働省告示第8号・一部昭和40年9月30日労働省告示第85号)1.エアグラインダ本体とトイシカバーの規定表示を確認してください。無負荷最高回転速度、使用できる研削トイシの直径・厚さ・穴径、トイシの回転方向、トイシの最高使用周速度。2.調速装置(ガバナ)の付いたグラインダについては、正常な回転数を維持するよう適切に作動しているかどうか定期的に回転速度をチェックし、万一異常があれば直ちに使用を禁止してください。3.研削トイシの取付フランジやトイシカバーは必ず規定のものを使い、その取付状態が正常かどうかをチェックし、規定外寸法、品質不良破損、摩耗、部品不足等の異常があれば直ちに使用を禁止してください。4.研削トイシは規定に適合した品質・強度のものを使用し、破損、変質等異常があるものは使用を禁止してください。5.研削トイシの取付、取替、テストは特定の責任者を定め、特定の安全な場所で行ってください。 研削作業開始前の1分間、及び研削トイシ取換え後の3分間の試運転を特定の安全な場所で必ず行い異常の有無を確認してください。6.グラインダの回転数が規定を超過しないよう充分に注意を払い、回転速度を上げるために使用空気圧を規定以上に上げないでください。7.直径50mm以上の研削トイシを使用するエアグラインダは必ず適切なトイシカバーを正しく装着して使用してください。8.研削トイシに表示されている最高使用速度以上の回転速度では絶対に使用しないでください。9.側面使用目的の研削トイシ以外は、研削トイシの側面を使用しないでください。エアグラインダを安全にお使い頂くために研削・磨き用ツール ABRASIVE TOOLSABRASIVE TOOLS52POWER TOOLS GENERAL CATALOG

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る