瓜生製作所採用サイト

ENTRY

品質を守る我々の業務は
「ものづくりの最前線」だと思う。

2006年入社 / 品質保証部・品質保証課 主任

Profile

製造部・組立課での10年間経験を積んだ後、品質保証部・品質保証課へ。「慣れは敵」をモットーに常に初心で検査業務をこなし、品質改善につながる提案も積極的に行う。スキー部の活動にも力を入れるなど、公私ともに充実した毎日を送る。

入社の理由、瓜生製作の魅力とは?

より良い製品を目指し、
社員が一丸となる社風

実家の整備工場でエアツールに親しんでいた私にとって、国内トップシェアを誇り100年近い歴史を持つ瓜生製作はとても魅力的な企業でした。インターンシップでは組み立て業務などを経験し、エアツールの構造やものづくりの面白さを体感。職場の雰囲気にも惹かれ「ここしかない」と入社を決意しました。入社後に驚いたのは、全社員が「より良い製品をお客さまに届けたい」と同じ方向を向いていること。風通しが良く部門間の連携もスムーズで、とても働きやすい職場だと思います。

より良い製品を目指し、社員が一丸となる社風

仕事内容、やりがい

「瓜生なら安心」
と言ってもらえる品質を

現在私が担当しているのは、製造部が組み立てた製品や技術開発部が作る試作品の検査。わずかな誤差でも性能や耐久性に問題が出るため、「第三者機関」という意識で、計測機器の数字だけでなく動作音など細部まで厳しく検査しています。検査をクリアできなった製品は製造部や技術開発部に戻すのですが、その際にどんな不具合があったのかを丁寧に説明することが大切。ただ突き返すのではなく、問題を共有して見直しや改善を提案する姿勢で臨んでいます。不具合を見つけた際に「ありがとう、助かった」と声を掛けてもらえると、やはりうれしいですね。「品質」というものづくりの最重要部を任されている誇りとやりがいを感じます。

「瓜生なら安心」と言ってもらえる品質を

今後の目標

「モノを言える品質保証」
として貢献したい

今後の目標は「クレームゼロ」の実現だけでなく、会社全体の発展を考えた提案ができる人材になること。知識や経験を蓄積して的確な指摘や改善案を示すなど「モノを言える品質保証」として、部内はもちろん他部門からも頼られる存在となり、より良い製品づくりに貢献したいです。

「モノを言える品質保証」として貢献したい

Daily Schedule
1日の流れ

8:00出社
8:30朝礼
8:35検査機器の使用前点検
その日の業務の精度の要となる非常に大切な工程です
8:50担当製品の検査
基本的に一人で検査するため、検査できるのは1日に50台ほど
12:00昼食
12:45教育訓練
課内でクレームや不具合の情報共有、新規の検査機器のレクチャーを行います
14:00来客対応
現場視察に来られたお客さまからの対応。質問に答える知識も求められます
17:10退社
ほぼ定時で退社できるので、自分の時間も楽しめます
大野 正博

Message
入社を希望する方へ

心配りやチームワークを
大切にしてほしい

品質保証部の業務は、検査を通してより高い品質を実現すること。製造や技術開発など他部門との関係性が重要なので、相手に対する心配りやチームワークも求められます。一方で専門知識や技術については、先輩方がきっちり教えてくれるので、元気に挨拶できる礼儀と素直さがあれば、どんどん成長していけると思います。