ISO
ISOへの取り組み

瓜生製作は 1997 年に品質マネジメントシステムについての国際規格 ISO9001 、 1999 年には環境マネジメントシステムについての国際規格 ISO14001 の認証を国際的な認証機関である DNV GL Business Assurance Japan 社より取得しました。 2017 年には ISO9001 ならびに ISO14001 の 2015 年版を取得し、現在に至るまで、下記理念や方針に基づくマネジメント活動に積極的に取り組んでいます。

ISO9001

2015年版取得(2017年11月)

適用範囲:FAシステム部以外の全部門

品質理念

社会の信頼に応える製品を、誇りと自信をもって提供する。

品質方針

顧客が要望する製品を、品質マネジメントシステムを運用し供給する。

当社を取り巻く内外の課題を明確にして、品質マネジメントシステムを継続的に改善し、現在及び将来の事業活動において適用される要求事項を順守する。さらに重点推進項目に対し、品質目標を定めマネジメントプログラムを設定、取り組みに対するレビューを実施する。

ISO14001

2015年版取得(2017年3月)

適用範囲:本社工場・神路工場・奈良工場

環境理念

環境に配慮した事業活動を通じて環境の保全に貢献する。

環境方針

  1. 1915年に我が国で最初にエアーツールの製造を開始した瓜生製作株式会社は、今100年企業として国内はもとより世界60数カ国のお客様とともに歩む「パワーツール及びその関連機器」のトップメーカーであることを踏まえ、ISO 14001に準拠して行動することを経営管理の優先事項の一つとして捉え、環境パフォーマンスの改善活動を実施し維持することにより、環境の保全に貢献し続けます。
  2. 現在及び将来の事業活動において適用される法規制及び当社が同意したその他の要求事項を順守します。
  3. 環境パフォーマンスを継続的に改善していくため、事業内容に沿った環境目標を定め、その実現を図るとともに、有効な環境監査、また経営者による的確な見直しにより、汚染予防及び環境保護に持続的に取組みます。
  4. 環境パフォーマンスの改善を考慮し、以下の活動を積極的に推進します。
    1. 設計・開発から廃棄までの製品ライフサイクルにおける環境負荷を軽減するため、エネルギー消費や資源リサイクル等、環境負荷を考慮した商品の創出に努めます。
    2. 廃棄物の適正管理、削減に努め、あわせて分別による資源リサイクルを推進します。
    3. 事業活動に伴うエネルギー及び資源の使用削減に努めます。
    4. 有害な化学物質を適正に管理することにより、汚染予防及び環境保全に努めます。
  5. この環境方針は、適切な環境教育及び啓蒙活動を通じ全従業員に周知するとともに、一般にも公開します。

瓜生製作株式会社
代表取締役 社長 瓜生卓郎