HISTORY
沿革

1915年 2月
大阪市東区宮林町4番地に於いて瓜生保道が、国内最初の「ニューマチックツール」生産工場を創業
1921年 4月
資本金100万円の株式会社組織に改め、上記経営の一切を之に継承
1922年 2月
海軍省指定工場となる
1926年
鉄道省指定工場、陸軍省指定工場となる
1934年12月
本社並びに工場を現在地に移転
1936年11月
姉妹会社瓜生工商店(資本金15万円増資)を併合して現社名に改名
1944年 4月
軍需法により軍需会社に指定される
1948年12月
通商産業省指定工場となる
1963年 6月
日本工業規格表示許可工場となる
1969年
1970年・1971年度輸出貢献企業として通産大臣より認定を受ける
1969年7月
奈良県大和郡山市に工場を建設し、小型専門工場として最新機械を設置生産を開始する
1969年10月
東京都港区高輪に東京営業所を開設する
1979年8月
名古屋営業所を大曽根に移動し、3階建事務所新築
1982年9月
本社熱処理工場を増築、新鋭熱処理炉を増設
1982年12月
神路材料倉庫2階建を新築、材料管理の充実と切断の迅速化を計る
1985年1月
神路工場に3階建、技術センター新築
奈良工場に工場2棟を増設、並びに福利厚生施設、食堂を新築
1996年11月
ISO9002認証取得
1997年12月
ISO9001認証取得
1999年3月
ISO14001認証取得
2012年12月
本社熱処理工場のマッフル浸炭炉老朽化により、高機能ガス浸炭炉、真空浸炭炉に入れ替える
2015年2月
創業100周年
2017年3月
ISO14001(2015年版)認証取得
2017年11月
ISO9001(2015年版)認証取得